借入の際は場合は残高不足で延滞にならないよう注意しておきましょう

キャッシングをした後の返済で便利なのが「口座引き落とし」などの自動で返済できるサービスです。毎回コンビニや銀行のATMまで行って振り込んで、次月にも同じことを繰り返してという生活が出来れば振込でもいいかもしれません。しかし、返済日を気にして毎回時間を作ってというのは負担になります。そこで自動で返済できる方法を選択することで手間が無くなる、のですが注意点があります。この場合「口座の残高不足」になりやすいのです。

良くある話として「返済日を気にしなくていいため忘れていた」ということがあります。確かに忘れやすいことではありますが、1日2日忘れたくらいでも大きなデメリットが発生することを覚えておきましょう。

一番近い問題として「遅延損害金」というデメリットです。返済する金額が「結構」増えます。どのくらい増えるかはカードローン会社によって違いますので、利用する際は金利に加えてこれも調べておきましょう。増える金額の目安としてですが「20パーセント」前後であるようです。

後々大きな問題になるのが「個人信用情報機関」という所に「延滞した」という情報が載ることです。これはしばらくの間情報が登録されたままになるため、カードローンだけでなく住宅ローンを利用する時も「延滞したことがあるよ」というのが解ってしまいます。そうなると新しいローンを組むことが難しくなるので注意しておきましょう。

このようなことがあるためなるべく延滞にならないよう残高を気にしなければなりません。延滞を防ぐためにも給与が振り込まれる口座から引き落とし出来れば安心ですが、設定できない可能性もあります。ですので、カードローン会社を選ぶ時の基準として給与が振り込まれる口座を利用できるのかということも調べておくと返済が楽になります。しっかりとした返済計画に、これらの事も含めて調べておくようにしましょう。

閉じる