親が亡くなった時にお金を借りていたことが解ったらすぐに対処しよう

お葬式の後などに家族の遺品を整理をすると思いますが、なるべく早くが良いといわれています。それは亡くなった時に「キャッシングをしていた」ということがわかる場合があるためです。

通常、何らかの負債があっても相続する時にプラスかマイナスかを考えて相続か放棄かを選ぶことが出来ます。それによってビックリするくらいの負債を背負う、ということは防ぐことが出来るのですが、相続放棄には「期限」があります。この期限が過ぎてしまうと相続放棄をすることが出来なくなり、負債を背負うこととなる可能性があるのです。

遺品の整理を早めに、というのはこのためなのですが、整理しても見つからない場合もあります。しばらくしてからカードローン会社の請求書が来た、ということも考えられます。その時には一度しっかり話し合う必要があります。

カードローン会社との話し合いによって返済をする必要が無くなるということや、減額をしてくれる可能性もあります。どのような対応になるかはそれぞれ異なりますので、キャッシングの相談が出来る人を作っておくということも大事です。

カードローンは一般的な物であれば「担保や保証人」が要らないものがほとんどです。加えて家族や職場にもキャッシングしているということが解りにくいように配慮されているため、しっかりと整理したつもりでも後から出てくるということがあります。そのために遺品の整理は早めに、そしてしっかりとしてしまうようにしましょう。

閉じる