無利息のキャッシングを使う時はちゃんと理解してから利用すべし

兵庫県在住 O.Kさん(43歳)
最近若い人たちの間で誤解が多いようなので、ここで訂正というかしっかりと認識して貰いたいと思う。無利息のキャッシングというのがある。消費者金融でもあるし、クレジットカードのキャッシングなどでもあるらしいし、カードローンなどでも一部存在するという話を聞く。

基本的に無利息なんて言うのを聞いたら「これはすごい!使わないと損だ!」と思うかもしれない。しかし少し考えて欲しいのだが、無利息でお金を貸して、誰が特をするのだろうか。借りた側は得をするかもしれないが、貸す側は全く得をしない。

利息をとる事によって貸す側は得をしているということを先ずは押さえないと行けない。金融会社も商売でやっているのだから、無利息で貸してくれるばかりではないのだ。ほとんどの場合は期間が決まっていて、その間だけ無利息なのだ。

例えば最初の1周間に返済すれば無利息、というような感じだ。それを超えると利息が発生するので払わないといけない。この辺りは他のキャッシングなどと変わらない。期間内に返済出来れば得をするような設定になっているのだが、なかなか借りてからすぐに返せる人は少ないのだ。だから期間を超えて利息をとれるので、会社は儲かるのだ。

こういう仕組みがあることを知らずに、全部無利息だと勘違いして借りる人間がいるらしい。どうしてそう思ってしまうのか不思議だが、基本的なルールや考え方を知っていれば、無利息で貸してくれるような良い人は世の中にいないということがわかるだろう。

まずはこの基礎をしっかりと抑えた上で、うまくキャッシングを使っていくのが肝心だ。もちろん早く返済すればするほど、利息の支払う額というのは少なくなっていくというのも押さえておいたほうがいいだろう。これも知らない若い人が多いので情けなくなってくる。

借入れは早めに返済すること、そしてキャッシングの中に無利息と書いてあっても、どういう返済をしても無利息になるというわけではないということも押さえておいたほうがいいだろう。使う前に、このくらは知っておいて損はないと思う。

閉じる