借金をするのは不安かもしれないが多くの人が借入れしている

「借金なんてしたら駄目だ」「借金しないで生きていくのが正しい生き方だ」というような考え方は日本人の真面目な人達には多く存在しています。確かに借金はしないに越したことはないですけれども、世の中で借金を必要とせずに生きていける人なんて、ほんの一握りしかいないのが現状です。皆、何らかの借金をして生きているのですから、もう少し気楽に考えたほうがいいと思うのです。

借金といってもカードローンやキャッシングなどもあれば、住宅ローンや自動車ローンのようなものもあります。どれも借金には変わりありませんし、その仕組は違えども、基本的には同じ借金ですから本質は変わりません。金利や支払いの期間、目的などに違いはあるかもしれませんが。

例えばですがキャッシングというのは不安に思っている人も多いかもしれません。「キャッシングをすると返済に追われてしまう」とか「返済ができなくなったら自己破産してしまう」というような考え方ですが、それは半分正解で半分間違っているのです。キャッシングを不安に思うのはわかりますが、それは使い方が悪い人の例なのです。不安に思うほとんどの失敗例というのが使い方が悪い人たちで、ギャンブルに使ったり借入れができるからと会社をやめてしまって無職で生活するような人たちが自己破産などをせざるを得なくなってしまうのです。

一方で個人事業主の方たちなどは非常に上手に使っています。個人事業主の人たちは収入もありますが、いろんな人に支払いをしないといけません。仕事を依頼したりするときには支払いをするのですが、そのお金を一時的にキャッシングを利用していたりします。不安があるかと思うかもしれませんが、支払いをしてから数日後には収入があって、それを元にして返済ができるように計画建てている人達がほとんどなのです。つまり計画性を持ってキャッシングを借り入れることで、不安というのはなくなるのです。

これはキャッシングだけに限らず住宅ローンや自動車ローンなども同じで、不安に思うことはあっても計画性を持って対応することで十分不安を解消することができるというわけなのです。

閉じる