キャッシングに関することは周囲にばれないように配慮してくれます

テレビやインターネットの宣伝の効果もありキャッシングについて悪いイメージというのは少なくなっています。最近では銀行がカードローンの業務を行っていたり法律によってさまざまな対策が取られていたりと、身近で接しやすいものへと変わってきてはいます。ですが、なるべく周囲にキャッシングをしていることが解らないように利用できるようにしたいと考えると思います。そのため、カードローン会社は周囲へ解りにくいように配慮してくれています。

周囲にわかってしまう原因として考えられるのが「職場への在籍確認」と「キャッシングの利用明細などの書類」です。職場への在籍確認は「必ず」あります。主に電話での確認になるので、職場へキャッシングしていることが知られてしまう危険性が高いのですが、この際に「○○さんは本日出勤されていらっしゃるでしょうか?」と、本人の名前などで在籍の確認をします。この時「カードローン会社などの名前」は使わず確認するようにしてくれます。キャッシングしている、ということにつながりにくい確認方法を取ってくれます。

次に利用明細などの書類ですが、職場へ送られてくるものは基本的にありません。自宅へは明細などが送られてくることがありますがこれも解りにくいようになっています。銀行のカードローンであれば銀行の名前で。他のカードローンの場合も「カードローンの名前そのもの」で送られてくることはあまりありません。一見して「キャッシングしてるな」と解るようには送られてこないのが普通です。中には書類そのものを送らない所もあります。その場合、残高の確認などはインターネットの会員専用ページなどからみることが出来ます。

主な対策としてはこれらのことがあげられます。キャッシングの利用にあたって金融会社はどのような対応をしているのかを調べ、自分の使い方に合った金融会社を選ぶようにしましょう。

閉じる