キャッシング 無利息

キャッシング選びで迷うなら無利息キャンペーンの有無で選ぼう!

お金に関わる気になるものと言えば

一人暮らしをしていると無料や半額っていう言葉に敏感になりますよね。社会人になって一人暮らしをしている私は、スーパーのセールやネットショッピングのバーゲンなどは常にチェックしていると言っても過言じゃありません。

半額というのは非常に魅力的ですが、無料に勝るものはありませんよね。タダより怖いものは無いとも言いますけど、無料と半額では埋まらない魅力の差というものはやはり存在していると思います。

そんな節約派の私ですが、このセールのチェックのし過ぎでミスをした事がありました。それは「今だけ!」というキャッチフレーズに踊らさせられてしまい、ついつい買いすぎてしまったのです!

これはセールなどにおける一番とも言える注意点で、私はそれに見事引っかかるような形になってしまい、一ヶ月分の予算をオーバーしていたのに気付かず買い物をしてしまって…その結果として、私は別途予算の確保に走らないとならなくなりました。

その予算の確保方法というのはキャッシングです。キャッシングをすれば金利が発生してしまってあまり節約には良いとは言えませんが、生活費が足りないよりはよっぽどマシです。そこで私は出来るだけ金利で損をしない借り入れ先を必死に探しました。

無利息キャッシングでお得に借り入れ!

そこで見つけたのが無利息キャッシングです!無利息というのは金利が一切発生しない借り入れという事で怪しいかもしれませんが、テレビCMもしているような有名な業者ですし、何よりはずっと無利息というわけではありません。

キャッシングにおける無利息というのは、キャンペーンなどによる特定の期間のみ金利が発生しない事がほとんどです。例えば一ヶ月無利息なら、一ヶ月後には金利が発生して払わないとならなくなるということです。

私が無料に弱いからそこを選んだというのもあるんですが、実は無利息期間が終わっても結構使い勝手が良いから選んだというのも関係しています。申し込みはネットからできますし、お金を借りる時はわざわざ営業所に向かわないといけないわけではなく、コンビニなどの提携ATMから借りられます。きちんと失敗を活かし、見るべきところを見て決めているのです。

とは言ってもやっぱり最初だけとは言っても、無利息期間があるとお得には間違いありません。どこの業者を選ぼうか悩んでいる方は、キャンペーンを行なっている業者から見てみるのがオススメです!

お金を借りる時は自分の信用情報について知っておきましょう

キャッシングをするという時に審査に通るか不安になると思います。そんな時は自分の信用情報を知ることが出来る、というのを覚えておきましょう。

過去にキャッシングをしていたり別のローンを組んでいたりと何かしらのローンを利用したことがあるなら「個人信用情報機関」という所に情報が登録されていることが考えられます。この個人信用情報機関はキャッシングの申込履歴や何かしらのトラブルがあった、という情報が記載されているので審査に不利な情報があるかどうかを知ることが出来るのです。

この情報を知る理由としては「カードローン会社も利用する」ということです。審査の際に個人信用情報機関から情報を得ています。これによりスピーディーな審査をすることが出来るのですが、ここに「何かしらのトラブルの履歴」があれば審査に通りにくくなります。

とはいえここに記載されている情報を全部消してくれ、ということが出来るわけではないのであくまで「こういう情報をカードローン会社も知っている」ということがわかる、というものです。この時、たとえキャッシングをしていた履歴があってもそれだけでは不利になりません。完済しており、延滞などのトラブルが無ければキャッシングの審査には有利になることがあります。お金を貸したとしても「返ってくる」という信用が出来るわけです。

ですが、ここには「申し込みをした」ということも乗りますので、短期間にいくつものカードローン会社に申請をしてしまうと審査に不利になります。受かるかどうか不安だからと短期間にたくさんの申し込みをしないようにしましょう。

この情報はあくまで参考に利用しましょう。不安がある時に調べて「ここの情報はどうしてですか?」と聞かれた場合にはしっかり答えられるように備える、というような使い方がベストです。

キャッシングの際には事前に必要書類を揃えておくようにしましょう

キャッシングの申し込みの際には「必要書類」という物があります。これは免許証などの「本人確認書類」と給与明細などの「収入証明書」が主になります。カードローン会社によって「必要書類と認められるもの」に違いがありますので、申し込みをしにいくまえに調べておくようにしましょう。

本人確認書類となるものには「免許証」や「パスポート」など公的機関から発行されているものになります。それ以外にも健康保険証などが認められる場合もありますが、どれがあればいいのかはカードローン会社によって違います。加えて「原本」か「写し」かということも調べておきましょう。カードローン会社の中には「コピー不可」となっているものがあります。その場合コピーを持っていっても必要書類とならないことがあります。さらに原本を持って行っても「コピーとして保管したいからコピーを持ってきて」といわれることもあります。後でもう一度来ることが無いように事前に調べておきましょう。

収入証明書には「給与明細」などです。他にも収入が解るものがあればそれでいいといわれることがありますが、これもカードローン会社によって違います。さらに「コピー」か「原本」かに加えて「どのくらいの期間」の明細があればいいのかも調べておきましょう。ある程度の期間の給与明細が必要な理由としては「勤続期間」があります。収入証明書が必要なのは「本人に返済能力がある」ということを知るためで、それには「どのくらい勤務しているか」ということも含まれているためです。

他にも必要書類が要る場合もあります。ホームページなどで確かめるのが不安であればコールセンターなども利用し調べるようにしてください。

金融会社によって女性専用のキャッシングというのがあります

カードローン会社には「女性専用」のカードローンのプランを取り扱っているところがあります。通常のカードローンよりも女性が利用しやすいように配慮されているものになります。

カードローン会社によって違いがあります、と言ってしまえばそれまでなのですが「違い」にも差があります。女性専用として金利や手数料や返済方法など、女性向けとしてプランを組んでいるところから、女性専用のコールセンターがあるところなど様々です。

通常のカードローンと違い「女性専用」ですので男性が利用できません。オペレーターも女性だけであることがほとんどで、何かあった時に対応してくれるのが女性であるということが安心感につながるようです。カードを紛失してしまったり返済計画の見直しなどの相談をする際に安心することが出来た、という声もあります。

このカードローンは主婦やパートでも利用することが出来ます。利用するにあたっては「定期的な収入」があることが望ましいのですが「専業主婦」でも利用することが可能となっていることがあります。定期的な収入は「本人に」返済能力があることが必要なため求められるのですが、配偶者や家族に定期収入があれば利用することが出来る場合もあります。利用できる金額に制限がかかる場合もありますが、多くのカードローンでは専業主婦向けにキャッシングをしていないことが多いため、緊急時の備えとすることも出来ます。

いずれにせよ「キャッシング」ですので計画的に返済していかなければならないのは同じことです。緊急時でも無理なく利用できるように備えられるようにしましょう。

在籍確認なしのキャッシングは利用しないでください

在籍確認をしなくてもキャッシング出来る!というカードローンは利用しないでください。というのも在籍確認をするということは「返済能力があるかどうか確かめる」ということにつながっているからです。

返済能力があることを確かめる必要があるのは「返済してもらおう」と考えるからです。当たり前のことではありますが、貸したお金が返ってこないと会社はつぶれてしまいますので、確かめなければならないのです。

では、在籍確認が無い場合はどうでしょうか。在籍確認は「職場へ働いてるかどうかの確認をする」ということです。電話で確認をすることになりますが、これをするのは「定期的な収入がある」ということを確認するためです。定期的な収入があるから「返済能力がある」と考えられるわけです。これをしない場合「定期的な収入が無くても貸す」ということになります。職場への在籍確認をしても中には「個人情報ですので教えられません」という所もあります。そういう場合は「収入がわかるもの」と「在籍していることを証明できるもの」を用意して在籍確認とする場合があります。それでも「必ず」定期的な収入があるかどうかの確認をしています。

今はWEB完結といった方法があり、すべての手続きをインターネットで済ませることが出来るものがあり、職場への電話確認が無いという物もあります。ですがそれでも「収入は必ず確認をします」のでそのような確認が無いカードローンは利用しないでください。

キャッシングの返済はボーナス払いを活用することで楽になります!

キャッシングの際は返済について考えると思います。返済方法の中には「ボーナス一括払い」などがありますが分割で少しずつ返済していくのと、ボーナス一括で支払うのはどちらがいいのでしょうか。

結論としては「一括で払ったほうがいい」と言えます。ただ、一括で支払う時に「どのくらいの金額で、返済期間がどのくらいなのか」ということを考えておきましょう。というのも分割で支払った場合、残っている金額が少しでも減っていれば支払う利息も少しずつ減っていくためです。利息が一括で支払う時と分割で支払った時、どちらが少なくて済むかを知っておく必要があるのです。金額によって分割か一括が良いかは返済シミュレーションを利用したりスタッフに確認をする必要がありますが、多くの場合「一括で払えるならそのほうがいい」のです。返済期間が長ければ長いほど「金利」によって返済金額が増えてしまいます。

返済期間が長いとその分金利による利息が増えていきます。金利は日割りで計算されていくので「一日でも早く返済したほうがいい」と言えます。ですが、一括で返済できるほどの金額であればいいのですが、そうでない場合は難しくなります。その際はボーナスが出るまでの期間はコツコツ返済していき、ボーナスでまとめて返してしまうようにしましょう。

これらの返済プランについてはカードローン会社としっかりと話し合い、計画的に利用することが必要です。確かに一括で返済することが少しでも負担を減らす方法ではあるのですが、結果生活に負担がかかり、再度キャッシングするということが無いようにすることが大事です。

病気の治療代としてお金を借りる時に考えておくことは?

カードローンは目的を限定していませんので病気の際の治療費として利用することが出来ます。しかし、利用する際には注意しておかなければならないことがあります。

どのくらいの期間治療することになるのか、あらかじめ相談しておくことと万が一治療期間が延びたときはどうするのか、ということです。治療中であっても働くことが出来て定期的な収入を得ることが出来ているのであればあまり問題は無いように思えるかもしれませんが、何らかの原因で仕事が出来なくなる可能性もあります。そんな時にどうやって返済していくのかを考えておく必要があるのです。

カードローン会社によっては「病気療養中の対応」というのがあります。収入が無くなり返済することが難しくなった場合はコールセンターなどを利用して相談するようにしましょう。

病気の治療でキャッシングをする場合はこの「どのくらいの期間を借りるか」ということを気にして欲しいと思います。これは「返済期間が長ければ長いほど金利によって支払う合計額が増える」というためです。ただ、いつごろ病気が治るのかは正確に解らないことですので「大まかに」でもいいので考えておいてください。治ったら返す!というだけでなく「何時までに、どのように返済していく」かを考えて利用することが大事になります。

病気でキャッシングをする、というのであれば他に「福祉ローン」という物があります。利用目的はカードローンより制限されているためあまり自由に使うことは出来ませんが、金利も低くカードローンよりも返済の負担は少なくなります。自分がどれを利用するのか、しっかりと考えておきましょう。

借り入れの際は人気だけでなく自分に合ったものを選びましょう

カードローン会社を選ぶ時は人気だけで選ばないようにしましょう。確かに人気があるということは利用した人の多くが「良い」と思ったということです。しかし、多くが良いと思ったから「自分に合っている」とは限らないのです。

自分に合っているものを選ぶ理由は「返済が苦しくならないように」です。というのもカードローン会社によって利用できるATMに違いがあったり、金利や手数料に違いがあります。加えてサポートの方法が違ったり海外では使えなかったりします。自分のライフスタイルのよってどこがいいのかを考える必要があるのはこのためです。

特に問題となるのは「返済方法」です。先ほど書きましたが「利用できるATMが違う」ため、何処のコンビニや銀行で利用できるかということを考える必要があるのです。銀行によっては都心にはいっぱいあるけれど地方、特に自分が住んでるところには「一軒もない」可能性があります。銀行に電話で「住所変更したいんだけれどどうしたらいい?」と聞いて「近くの支店に行ってください」といわれ「県外にしか、ありません」と言った時の何とも言えない空気はいまだに忘れられません。住所変更とは違いますが、返済することができる場所が限られていないかどうかはしっかりとチェックしておく必要があります。

ですが、これらを比べて利用するところを絞っても選びきれないということがあると思います。金利や手数料などを比べても差が無い。利用できるところなどもどちらを利用しても大丈夫という時には人気で選んでも構いません。あくまで「何にも考えないで人気だけで選ばないで」ということです。毎月県外に返済に行く、ということにならないように注意しましょう。

クレジットやキャッシングの意味を知っていますか?

すごく似ているようですが「クレジット」と「キャッシング」はっきりとした違いがあります。

クレジットは日本語に直すと「信用」となります。主な使用用途は「ショッピングの代金を立て替える」ということです。対してキャッシングは「直接現金を借りる」という違いがあります。使用目的は限定していません。

二つに共通していることというのは実は「返済日がある」ということだけです。返済方法もクレジットはほとんどが「指定日に、一括」になります。もちろんリボ払いもありますが、基本的には一括です。キャッシングは逆にリボ払いなどの「分割」が主です。もちろん、一括で支払うことも出来ますが返済金額が大きくなることが多いので一括で返済するには難しい金額になります。

クレジットカードはショッピングの代金を立て替える。キャッシングは現金を借りるという違いになります。キャッシングにはさらに「金利」がかかります。返済する際は借りた金額に金利を加えたものになりますので、大抵が「使った額より多く返済する」ことになります。このため「計画的に利用してください」とテレビのコマーシャルでも言われることが多いのです。

クレジットカードの場合は手数料がかかることもありますが「金利はかからない」と思っても大丈夫です。しかし返済方法によってはカードローンより金利がかかります。通常は「指定日に一括での返済」になるのでその時は金利がかからないことがほとんどです。ですがリボ払いのように「分割で返済する」場合は金利がかかってしまいます。カードローン会社によっては2回までなら金利がかからないなど差はありますが、分割をすると「金利がかかる」と覚えておきましょう。

どちらも利用には注意が必要です。クレジットカードは買い物をしても「現金を支払わない」のでいくらでも買えるという感覚になりやすいこと。カードローンは「金利」によって返済金額が変わるということです。どちらも無理の無いよう利用しましょう。

借入の際は場合は残高不足で延滞にならないよう注意しておきましょう

キャッシングをした後の返済で便利なのが「口座引き落とし」などの自動で返済できるサービスです。毎回コンビニや銀行のATMまで行って振り込んで、次月にも同じことを繰り返してという生活が出来れば振込でもいいかもしれません。しかし、返済日を気にして毎回時間を作ってというのは負担になります。そこで自動で返済できる方法を選択することで手間が無くなる、のですが注意点があります。この場合「口座の残高不足」になりやすいのです。

良くある話として「返済日を気にしなくていいため忘れていた」ということがあります。確かに忘れやすいことではありますが、1日2日忘れたくらいでも大きなデメリットが発生することを覚えておきましょう。

一番近い問題として「遅延損害金」というデメリットです。返済する金額が「結構」増えます。どのくらい増えるかはカードローン会社によって違いますので、利用する際は金利に加えてこれも調べておきましょう。増える金額の目安としてですが「20パーセント」前後であるようです。

後々大きな問題になるのが「個人信用情報機関」という所に「延滞した」という情報が載ることです。これはしばらくの間情報が登録されたままになるため、カードローンだけでなく住宅ローンを利用する時も「延滞したことがあるよ」というのが解ってしまいます。そうなると新しいローンを組むことが難しくなるので注意しておきましょう。

このようなことがあるためなるべく延滞にならないよう残高を気にしなければなりません。延滞を防ぐためにも給与が振り込まれる口座から引き落とし出来れば安心ですが、設定できない可能性もあります。ですので、カードローン会社を選ぶ時の基準として給与が振り込まれる口座を利用できるのかということも調べておくと返済が楽になります。しっかりとした返済計画に、これらの事も含めて調べておくようにしましょう。

すでに借金がある場合キャッシングをすることは難しいのでしょうか?

すでにキャッシングしている、という場合新しくカードローン会社を利用するというのは難しくなります。ですが、本人に支払い能力があれば利用することも可能です。

ただ、基本的には利用できないと考えておきましょう。理由としては「貸しても返ってこない」と判断される、つまり「本人に支払い能力が無い」と判断される可能性が高いということです。キャッシングしている期間が長い場合や複数のカードローン会社を利用していたり返済に遅れたことがある場合にも利用することは難しくなります。

これらは「言わなくても解ること」です。というのもこれらの情報は「個人信用情報機関」という所に情報があるためです。この個人信用情報機関を利用することで審査にかかる時間や手間を省くことが出来て「即日利用可能」というサービスをすることが出来るようになっているのですが、その判断をすることが出来るのは「ここにマイナスの情報が無い」というためです。もちろん在籍確認やその他の手続きなどで時間がかかることもありますが、ここから情報を得ることでスピーディーな審査が出来るようになっているのです。

そのため、ここに「借金があるよ」という情報が載っていると「利用できなくなる」可能性が高いのです。もし住宅ローンや他のローンを考えているなら先に完済してしまうことをお勧めします。

複数のキャッシングがあっても借りられる例としては「おまとめローン」があります。一つの会社でまとめてしまって返済したいです、という場合には新しく借りることは出来ますが申し込みの時にしっかり伝えて、返済計画を立てる必要がありますので覚えておきましょう。